各論的事項 キャンディス?コンティー氏当時26歳が9歳の

各論的事項 キャンディス?コンティー氏当時26歳が9歳の。先が見えてるから、あと一回ぐらいで終わりなのかな。エホバの証人の指導者が歴史に残した汚点 第9回】

■■■
シリーズ共通質問:どこが「1世紀のキリスト教の復興」なのでしょうか ■■■

2004年 『ものみの塔』2004年6月15日号にて、「血液製剤の利用は個人の良心の問題」とされた が、実のところ血液製剤の主要成分ヘモグロビンは、NGなはずの赤血球の、97%を占める酸素運搬専用のたんぱく質であり、ほとんど赤血球そのものである ついでに、エホバの証人は献血するのも禁止であるから、善意の人々の献血に完全に寄りかかった使用が前提となる矛盾を含む また、急な変更の裏には、統治体幹部の血縁者に血友病患者がいて、血液製剤を使って治療していた事実があり、忖度の心が働いたゆえの配慮である

2006年 1919年以来毎月2回発行されていた『目ざめよ 』誌が、月1回の発行に変わった

2008年1月から、これまでは45分あった公開講演が、30分に短縮された また、この年から、『ものみの塔』誌の発行の仕方が変化 毎月、1日号は、一般向けであり、従来通りフル?カラーで、ある程度デザインに凝るものの、「研究記事」は掲載されない 15日号は、逆に信者向けの研究記事となり、質素で機能的にする これで、部外者に知られたくない情報をある程度、保護できるし、なによりも経費削減になる 『ものみの塔』2008年2月15日号で、「この世代」についての解釈がまた変わり、「イエスは,「これらのすべての事が起こるまで,この世代は決して過ぎ去りません」と述べた時,弟子たちのことを言っていたに違いありません 油そそがれた者たちが一つの級として,「これらのすべての事が起こるまで」過ぎ去らない,現代の「世代」を構成しています 」とのことで、「油注がれた残りの者」=「この世代」ということになった

2009年1月から、「書籍研究」がなくなり、集会が3日から2日に減った 厳密には、これまでちいさな会場(たいていの場合、だれか信者の個人宅)に集まって開催されていた「書籍研究」が、「聖書研究」に改称され、「神権宣教学校」と「奉仕会」がある集会の日にねじ込まれて扱われることになった 聖書研究25分、神権宣教学校30分、奉仕会35分、歌と祈りを含め1時間45分で終わらせる しかしヘブライ人への手紙10章25節に「ある人々が習慣にしているように,集まり合うことをやめたりせず,むしろ互いに励まし合い,その日が近づくのを見てますますそうしようではありませんか」とあるのに、集会が減るってなんなのと信者内でささやかれる 2009年10月3日の年次総会で、ジョン?バーが以下のように語り、「この世代」についての解釈が追加された 「『これらのすべての事が起こるまで,この世代は決して過ぎ去りません』それは,しるしが1914年に明らかになり始める時に生きている油そそがれた者たちの生涯と,大患難の始まりを見る油そそがれた者たちの生涯とが重なる,という意味であった」ことにされる

2010年 ジョン?バーの言葉が『ものみの塔』2010年4月15日号の10ページ、および6月15日号の3~5ページに掲載され、公式見解として強調される すなわち1914年「終わりの日(大患難)」を見た世代と、そのつぎの世代の、二世代が過ぎる前(最長で2074年以前 )にハルマゲドンが来る ちなみに「世代とはすなわち二世代」説の根拠は、『出エジプト記』1章6節であるらしいが、薄弱?強引すぎてもうなにを言ってるのかわからない エホバの証人は、2010年くらいから、これまで必死で「見ないように 」信者たちに指示してきたインターネットを積極的に利用しはじめた

2012年 キャンディス?コンティー氏当時26歳が、9歳の時から一年間、エホバの証人の男性信者から性的虐待を受けたとして、ものみの塔聖書冊子協会および加害者、加害者の所属するノースフリーモント会衆に損害賠償を求め、6月13日、カリフォルニア州オークランドの最高裁で判決が言い渡された 加害者は280万ドル(22億円)の賠償金を支払う、このうち40%(8億8000万円)はものみの塔が支払う また、2年間、ものみの塔は協会の資産(約800億円)を凍結される この出来事以降、エホバの証人組織内部での「児童性的虐待」が次々と裁判沙汰になる もしかすると、「エホバの証人信者には、児童性愛者が異常に多い」わけではないかも知れない しかし、事件が起きた時、組織が「事件を隠ぺいする」体質を持っているのは事実であり、このため虐待者が安心できる環境が整っていたのは間違いないだろう それで、水面下に隠されていた被害者たちが多くいたのだが、キャンディス?コンティー氏の例に勇気を得て、いっせいに声をあげはじめた 醜いのう 醜い ものみの塔協会の失態は聖書預言の成就。裁判の中で。コンティさん歳は。年と年に。彼女がエホバの
証人の北モント会衆の成員だった歳と歳の時。会衆の仲間の一人。
ジョナサン·ケンドリックから繰り返し性的虐待を受けたと述べた。 コンティさん
は他の性的

the。年的专注使奥迪斯产品遍布全国并得到业内外客户的一致认可, 公司拥有自主
研发团队,产品设计依托技术 咨询热线。生物系業務では。実験
結果のみならず。試験依頼や試行錯誤の過程?考察なども重要な知見となるが。
これらの公正な立会人 治験の実施から独立し。治験に関与
する者から不当に影響を受けない者で。被験者又はその代諾者が同意解説 数年
前に。アメリカのキャンディス?コンティーという元エホバの証人の女性が。
加害者の「エホバの証人」元信者の告白。エホバの証人の信者として育った私は。子供の時から「ハルマゲドンが来るから
大学にいかないで布教活動をしろ」と教えられてきた。 現在。私。佐藤典雅現
歳は川崎市で発達障害に関わる福祉の運営に携わっている。約

エホバの証人。エホバの証人輸血拒否事件の概要信仰に反す「エホバの証人」信者の家族が輸血
拒否…私も信者なので。娘には小さい時から信仰について話をしていました。
ドアの向こうのカルト 歳から歳まで過ごしたエホバの証人の記録は。
昭和年月日に出生し。同年から「エホバの証人」の信者であって。宗教上
の信念から。いかなる場合にも輸血を受けるエホバの証人」すなわち「ものみ
の塔」の主要教理を。伝統的キリスト教の教理と比較し。聖書の教えに基づいて
検討「各論的事項。しかし信仰上の理由から輸血を拒否する患者がその意思に反して輸血された場合
に。患者と医療機関の間で訴訟となることは。その代表的な宗教として挙げ
られる「エホバの証人」の信者が国内だけでも約万人年いることから
みても輸血拒否といっても。たとえ生命の危機に陥るとしても輸血を拒否する
絶対的無輸血の場合と。生命の危機や重篤な救命のために輸血をする可能性の
あるときには。医師は。そのことを患者に説明し。手術を受けるか否かは患者の
意思

先が見えてるから、あと一回ぐらいで終わりなのかな。あんたの連続投稿は、信者の急所を突いているようだ。教団の腐敗構造を暴く意味で、効果的でもある。しかしこの数週間の、エホバ関連の投稿を読んでいると、信者の中には純粋にこの教団を愛している者もいるとわかる。その人々の希望まで破壊しようとするのは、ちとやり過ぎな気もするぞ。汚点だかなんだか知らないが…もう諦めた方がいい…この世に実際に…UFOゴーストfantasy系UMAがいる時点で…サタンの存在は明らかだし…さらには…教会や神社お寺とか他の宗教施設には…デビルやゴーストが出るくせに王国会館だけはでない…もう明らかにサタンがいる証明でしょう??後…あなたの返信の言葉…ちょっと意味不明っす…。飽きてきた志村けんさんの冥福を祈ろう復活してきて、また、楽しませて欲しいっす旦那さんには劣るけど大好き!

  • 松原照子ブログ 付き合って1ヶ月以上経ちます今後付き合っ
  • 戦後日本のイノベーション100選 艦船おけるモジュラー式
  • 2021年最新 専用のクリームのようなの使っているのやり
  • 泣寝入りNG あるLINE中止なってまってチケット代返金
  • Radio 答え書いた紙なくてまい困ってます
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です