沖縄戦とは何か 当時大日本帝国軍とアメリカ軍の戦力差は凄

沖縄戦とは何か 当時大日本帝国軍とアメリカ軍の戦力差は凄。開戦の戦力比較だけでいえば、日本海軍は米海軍にそう劣らない規模だったし、陸軍の兵力は大半は大陸にくぎ付けとは言え人数だけははるかに上回っていた。当時、大日本帝国軍とアメリカ軍の戦力差は凄かったと聞きましたが、実際、どれほどの違いがあったのでしょうか 武器、防具、食料、戦艦、戦闘機、などなど、他にも決定的な違いなどがあれば教えて下さい 将軍が馬鹿だったのはなんとなく聞きましたが
それと、日本が勝っていた点も教えてください 日本。続きを読む, 第二次世界大戦で日本は絶対勝てなかったのでしょうか アメリカ
主導の体制に移行し。民中的に文民政権へと変わり 海軍 無かったと思われ
ます。は「艦隊決戦による早期講和」でそのために艦隊の整備を行って来まし
た。を抱え。南方に戦力を割かなければならない状況を苦々しく思っていた
陸軍から沖縄戦とは何か。沖縄はきょう。6月23日の「慰霊の日」を迎えました。沖縄戦による日この
日に組織的戦闘が終結したとされ。沖縄県民の4人に1人が亡くなったとも言
われます。現地…日本軍がおもに待ち構えていた本島中部では。約40日間
にわたって激しい戦いがあった。しかし。でも。日本兵に命を脅かされたり。
スパイとみなされ。実際に命を奪われたりした人たちがたくさんいる。武器の
量や性能をあわせた戦力の差は米国が日本の10倍以上だったそうだ。

もし。そこでアメリカは中国への支援に乗り出しました。 もしも日本があの当時。頑な
に太平洋戦争を拒み続けたら。現代はどのようになっ戦争を回避した仮想の大
日本帝国でも。実際の戦後日本でも。日本はどうなっていたと思いますか。
海上?陸上の全戦力を日本本土に投入したら。日本軍は勝てるのでしょうか?米軍から見た帝国陸軍末期の姿?本当に天皇や靖国のために戦っ。米軍はあの戦争の最中。日本兵について詳細なレポートを残していた。兵士の
多くは実は親米的だった? 天皇のためではなく。虐待や体罰の恐怖から戦ってい
た? ”敵”という鏡に映し出された赤裸々な真実。日本。占領後もアメリカは日本に対する心理戦を継続していた。の最新鋭の自衛隊
航空?海上?陸上の全戦力を日本本土に投入したら。日本軍は勝てるのでしょ
うか?無かったと思われます。日本が戦争で負けたのにはハッキリとした
理由があった。次に日露戦争に勝った後。年に朝鮮半島を手に入れました

マレー中将の談話。年メリーランド州アナポリスで録音されたアメリカ海軍オーラル?
ヒストリー?インタビューより抜粋重光大臣は外務大臣であり。また大日本
帝国軍の天皇の代理でした。そして軍人でない日本政府の代表の名。帝国陸軍の
代表の名。帝国海軍の代表の名を含む合計名の編成でした。調印式が行
われたデッキを私たちは。“サレンダー降伏デッキ”と呼ぶようになりましたが
。これは今でもそう呼ばれてその当時は州でしたのでこの星条旗の星の数は
個です。

開戦の戦力比較だけでいえば、日本海軍は米海軍にそう劣らない規模だったし、陸軍の兵力は大半は大陸にくぎ付けとは言え人数だけははるかに上回っていた。ただ、日本は他にも英国はじめ世界中を敵に回した状況だったし、同盟国のドイツ以下は欧州戦線にかかりきりで何の助けも得られない状態。経済力、技術力を始めとする国家の総合力では、日本はアメリカよりはるかに劣っていた。実際、冷戦期の米ソどころか、今のアメリカと北朝鮮ぐらいの差があったんじゃないだろうか。アメリカが日本相手に投じた戦力は、ドイツ相手の数分の1だったとはいえ、戦争が何年も続けば敗北するのは必然だった。米国の生産能力は開戦当初には遅々としていたが、戦争末期までには驚くべき威力を発揮して、ついに軍艦各種艦艇一万一九○○隻、上陸用舟艇六万五五三○隻、戦車八万六三三三輌、各種航空機二九万六四二九機、各種大砲三一万九○○○門、弾丸四二○億発これは、敵軍部隊の一人にたいして一四○○発に相当したを生産したのであった。 例えば、竣工は戦艦は四ヶ月に一隻、正規空母は二ヶ月に一隻正規空母は「隔月空母」と呼ばれ、二ヶ月に一隻の割合で竣工したが、末期は「月間空母」と呼ばれた位、毎月竣工した。巡洋艦は一ヶ月に一隻、護衛空母は週に一隻護衛空母は「週間空母」と呼ばれた位、毎週竣工した。潜水艦は週に二隻。駆逐艦は三日に二隻末期は「日間駆逐艦」と呼ばれた位、毎日竣工した竣工し、戦車揚陸艦、上陸用舟艇、その他小艦艇は一日三○隻以上。輸送船はマスプロ方式で、リバティー型輸送船のみで十時間二十分に一隻、他の型の貨物船、輸送船、商船、タンカーを含めると一日に数十隻竣工されていたのである。民需用に五○○○隻以上の一万トン級貨物船が建造された。米陸軍、海兵隊使用の上陸用舟艇は、六万五○○○隻以上が建造された。米軍の大型正規空母はエセックス級だけで大戦中に二四隻が完成したが、日本軍の正規空母で大戦中に完成したのは「大鳳」、「信濃」など二隻で、マリアナ沖海戦に間に合ったのは「大鳳」のみであった。戦時中に日本がつくった正規空母二隻、軽空母一四隻に対して、米国は航空機一○○機搭載の正規空母エセックス級二四隻、軽空母?護衛空母インディペンデンス級九隻、ボーグ級四五隻、サンガモン級四隻、カサブランカ級五○隻を建造している。又、航空機一三○機搭載のミッドウェー級正規空母を建造中であった。正規空母の建造能力の差二二は埋めようもない。埋めるには、わがほうが無傷で毎回四隻ずつ沈める完勝を八回続けなければならない。その確率は何万分の一というよりもゼロといったほうが早い。ちなみに、戦艦ノースカロライナ級二隻、サウスダコタ級四隻、アイオワ級四隻。重巡洋艦一五隻。軽巡洋艦三二隻。駆逐艦フレッチャー級一七五隻、ギアリング級九六隻、その他四七五隻。潜水艦ガトー級七七隻、パラオ級一○一隻、その他二五隻。輸送船リバティー級二六○○隻以上を竣工させている。軍が使用したドッグ数は、五○以上あった。これに対して、日本軍は、航空機五○機搭載の正規空母二隻、軽空母一四隻。戦艦二隻。軽巡洋艦五隻。駆逐艦六三隻。潜水艦伊号六二隻、呂号三六隻、波号二○隻のみだった。コンソリデーテッドB24重爆撃機は一時間に一機。M4シャーマン戦車は二○分に一輌の割で生産出来た。一時間に三輌、二十四時間製造なので一日で七二輌。二日で戦車師団が作れた。戦闘機はグラマンF6Fヘルキャットの後継機グラマンF8Fベアキャットが一二六六機製造され、さらに、その後継機で世界初の艦上ジェット戦闘機グラマンF9Fパンサーを開発中であった。ちなみに米軍兵士の戦闘服は、四ヶ月に一回の割合で新しい物が支給された。これに対する日本軍兵士の軍服は、一度支給されると、六年でも七年でも使用を命じられた。硫黄島攻略戦のみで、米軍は食糧と弾薬は一人あたり約一トンが用意された。主食はいうにおよばず、煙草が一○億本、キャンディ、飲料水、紙、鉛筆、マッチ、乾電池、靴下、木の十字架戦死者の墓に使う、溶接棒、ゴミ箱、自動車のスパーク?プラグ、犬の糧食各師団は洞窟にひそむ日本兵を探すために軍用犬小隊を連れていた、ペンキ、カーボンペーパー、靴ひも、指紋用インキ、電池、岩石粉砕機、聖水カソリック教のミサ用に使われるもの、溶接棒、アスファルト用具、ひげ剃りクリーム、トイレットペーパー上陸用船艇の最後部に積み、“波がかからないように防水布を被せておくこと”という注意書きがついていた、などの雑貨はドラッグストアが何千店も開けるほどの量が用意された。第五海兵師団だけで一億本の紙巻き煙草とオハイオ州の大都市コロンバスが一ヶ月間で消費するだけの食料を準備した。硫黄島の地図は二五○○分の一から五万分の一のものまで各種三万枚、ゴムやプラスチックでつくられた硫黄島の模型は、大隊以上に一個行き渡るように製作された。米軍の航空機の生産量は、二二万五○○○機であり、対する日本軍の航空機の生産量は、三万三○○○機であった。米軍の戦車は、M3、M4戦車車体は共通を五万輌も送り出しているが、日本軍の九七式中戦車の数は、二千輌強である。米軍はM1半自動小銃別名M1カービン銃を一九四一年から一九四五年迄の五年間だけで約四二○万挺も量産しているが、日本軍の太平洋戦争が始まる三六年前から使用された旧式な三八式歩兵銃は、一九○五年明治三八年から一九四五年昭和二十年迄のトータルで約三四○万挺である。航空器用エンジンは、シリンダー内のガソリンと空気の圧縮比を次第に高め、最大の推進力を得るが、高度に圧縮された混合気は、高温になるにつれ、「ノッキング」を起こしやすくなる。航空ガソリンの品質は、オクタン価で示される。これはガソリンに含まれるアンチノック性の高いイソオクタンの体積率を示す数値で、旧式の航空機は、七二オクタンでも十分な性能を発揮したが、近代的なエンジンは、八七オクタン以上の品質が求められた。一ガロンにつき、三立方センチの四エチル鉛を加えれば、通常ガソリンを八七オクタンのガソリンに変えることができる。米軍が使用しているガソリンは、オクタン価が高く、戦闘機が離陸する際には「ヒューン」という音がしたが、日本軍の戦闘機はオクタン価が低く、離陸する歳には「バタン、バタン、バタン」という音がした。オクタン価を高めるには、ガソリンに微量の四エチル鉛を加えるという方法があったが、最も有望な解決策は接触分解法で、これは白金で覆った触媒に原料油を晒す精製法である。日本は最終的に五つの接触分解法を用いた精製工場を建設し、五工場全体のハイオクガソリン生産能力は、日産約一万二○○○キロリットル二四○○トンにまで達していた。米軍や他の連合国軍は一三○オクタンの燃料を豊富に持っていた。日本軍の場合は、メタノール、エタノール、アセトンやさつま芋のでんぷんなどから作ったアルコール芋焼酎を普通のガソリンに混ぜた“亜号燃料”を使用し、オクタン価に換算すれば七○をやや上まわっていた。但し、陸軍の四式戦闘機疾風はオクタン価九一のガソリンと水メタノール噴射装置の組合せで、オクタン価一○○相当のエンジン性能を出していた。訓練飛行には昭和十九年でも五○%のアルコール芋焼酎が使われ、昭和二十年にはそれが八○%に引上げられた。馬力が出ないうえ、シリンダーの温度が冷えすぎると、エンジンが止まる恐れがあった。主に練習機に用いられた。国民の貴重な食料のじゃが芋、さつま芋を使ったが、生産施設がB29につぶされるまでの、ささやかなピンチヒッターにすぎなかった。又、松の根を乾溜して得たタールからテレピン油を抽出した、松根油しょうこんゆというオクタン価が高い代用航空燃料があった。松根油の軽質留分を接触分解法で四?四トンの航空揮発油基油を製造し、この基油七○%、ベンゾール三%、イソオクタン二七%の混合油に四エチル鉛を添加してオクタン価九一の航空揮発油を製造した。この航空揮発油は製造直後には海軍の規定を満たしていたが、わずか三日間でガム状の物質が増加して許容限度の二○~四○倍に増加しオクタン価が三ポイント低下した。五式戦にこの燃料を入れて一~二回、試験飛行したところ、飛行場上空をひと巡りしただけで降りてきて、エンジンが真っ黒。上昇性能が悪くなり、実用は無理と分かった。約四万一五○○キロリットル八三○○トンの松根油が作られたという。昭和十九年十月二十日、政府の最高戦争指導会議が松根油の生産計画を決める。農商省が音頭を取って全国の都道府県を海軍、陸軍担当に分け、割当量を決めて生産を指示した。政府の内閣情報局が発行していた広報誌「週報」は、昭和十九年十一月十五日号で松根油を航空機燃料として極めて優秀と称賛。「所有者は今こそ進んで採掘承諾書を市町村長へ提出し、早く大切な燃料に役立て、醜敵米英を撃滅しようではありませんか」と、増産の旗を振った。代用燃料に頼るしかないという本当の事情には触れていない。松根油の製造法についての詳細は、釜の中に切り刻んだ松の根を入れ、乾留と呼ばれる方法で蒸し焼きにする。発生したガスを冷やすと粗油やタール、木酢液が抽出され、比重差を利用して粗油を取り出す。精製設備で蒸留して分子量が大きい成分を分解し、水素を加えるとエンジンが円滑に回る油になり、航空機燃料として利用できると考えられた。松の根は、竹を割ってスコップ代わりにしたり素手で掘ったりした。根は堅くてタコの足のように広がり、掘り出すのは大変だった。役場からの割当量を満たすことが出来ない者は、代わりにお金を払った。直径一メートルほどの鉄の円筒を使い、熱効果を高めるために本来は周囲をレンガで囲む。物資不足でレンガは入手できず、赤土を足で踏み固めて代用した。気化したガスを通すパイプには、鉄管の代わりに竹の筒を使った。竹は貴重な油分を吸着してしまうが、ほかに適当な材料がなかった。切った根は次々と釜へ放り込んだ。ノコギリがうまく入らず、熱気でむせた。昭和二十年八月には全国に約三万七千基の釜が設置されていた。まさに、日本全体を挙げて生産に取り組んでいた。日本中で汗水を垂らして造った松根油だが、精製しなければ使えない。よく言われる月刊空母というのは空母1隻を完成させるのに1ヶ月しか必要としなかったわけではありません。まあそれでも基準排水量25000t超の空母を2年足らずで完成させる建造能力はさすがと言えます。太平洋方面に限っても数倍以上の戦力差がありましたが、開戦から1年間くらいは戦力的にほぼ互角でした。開戦時に日本軍が勝っていたのは、空母と空母艦載機の数、艦載機の性能、それとパイロットの技術だけでした。戦艦?巡洋艦の数は、条約で「米英日が6:6:4」と制限が設けられていたので、日本ははるかに少なく、空母と駆逐艦でそれを補っていたので、空母&駆逐艦は米軍よりも多くなったようですね。アメリカに石油の輸入を頼っていたので、もう石油など軍事物資が入らなくなり、南方の油田を求め侵略中でしたが、それでも日本軍全軍を十分に動かすだけの石油を確保出来ず、日本は「これまでの貯蔵分だけで戦う」状況でした。鉄などの資源も同様に、米国とは産出量が桁違いに少なく、10分の1も無かったと思います。よって、日本は空母1隻作るのに、鉄をかき集めるのに苦労しましたが、米軍は開戦後に「毎月1隻ずつ」空母を作れるほどの資源力&生産力がありました。第2次大戦中のアメリカは、太平洋戦域とヨーロッパ戦域の2正面に軍を展開させました。どちらの戦線でも連合国軍の主力でした。日本やドイツが常に補給不足で苦しみながら、綱渡り状態で戦争を継続させていたのに対し、連合国軍はほとんどその心配がありませんでした。さらにソ連へは大量の軍事物資などを送りました。一例をあげると、アメリカがソ連に送り込んだトラックを集めたら、第2次大戦が始まるころのドイツ軍が完全自動車化できるほどだという説があるほどです。それに加えて、核兵器を実用化できるほどの資源力?経済力を備えていました。この核兵器開発予算はちょっとした国の国家予算レベルだったとか??最後に、テレビアニメの「トムとジェリー」を紹介します。テレビシリーズでご覧になった方も多いこの作品のなかには、1940年代、つまり第2次大戦中の真っ最中の作品もあるのです。『勝利は我に』原題:The Yankee Doodle Mouseという作品で、トムとジェリーが戦争を繰り広げるというストーリーです。最後にはジェリーがトムに勝利し、司令部に「もっとネコを送ってください」と連絡して終わります。史実の「もっと日本兵を送れ」にちなんだ言葉なのはお分かりですね「欲しがりません、勝つまでは」という標語で我慢を強いて、金属備品は供出、あらゆるところで農作物を栽培するも食糧不足は深刻の度を深めていた日本。かたや、アニメ作品で戦意高揚をはかるアメリカ。相手になるはずがありません。日本人が勘違いしていることアメリカには物量で負けたと言って自身の西洋コンプレックスを慰めるかたがいますが、物量で負けた事を一番気にするべきなのである。勿論、技術と設計センスなんかも調べれば調べるほど穴に入りたくなるレベルであるが、日本人は技術ばかりに囚われ過ぎである。物量で負けたことを恥よ!本当の話、「空母」というシステムは日本が発祥です。戦後の規制とかで日本に空母を持てなくして、その間に自国でいっぱい作ったためアメリカが空母大国になっているだけです。実は優位だった時に空母部隊と戦闘機部隊という風に戦力を一緒にせずに空母や戦闘機は連携あってこそ機能するもの植民地にした東南アジアの島々に分けていたのですが、「このまま何したって勝てるでしょ。」みたいな余裕があったために、どこかに集合して編成を組んでから戦闘に向かうということをせずにそれぞれで線上に向かってしまったため、連携が取れず来た部隊ごとに撃破され一気に旗色が悪くなったといわれています。そもそも真珠湾がうまく行き過ぎたのと零戦の機能を外国諸国がすぐには信じなかったというのもありますが、真珠湾の計画は見抜かれており主力の専管とかは別に移動していたため大した被害じゃなかったとか、物資や開発力のため日本は長く零戦に頼った一方アメリカは次々と零戦との戦闘データに基づいた新型を送り出してきたということもあります。何となく、一年戦戦争時代のジオン公国みたいですね。

  • クリスマスって何の日 クリスマスイブクリスマスの2425
  • California 利用規約ガイドラインおよび利用のル
  • ライブハウス Zepp初めてライブいくんロッカーってすぐ
  • 現在アフラックで保険レディースのやつガンかけてます
  • 東京2020 デザイン日本の国旗のおかげよね
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です